· 

いきなり小麦

休耕田の一画で小麦を育てたいから、

「ゆめちから」という種を買ってくれ。

長男が突然言い出しました。

 

自家製の小麦粉でピザ生地にしたり、

パンを焼きたいとのこと。

 

ひとまず、近所のタネ屋に電話。

「何キロ必要ですか?」と

聞かれるも、全く見当がつきません。

 

ひとまず1年目は実験なので、

最小単位の1キロをお願いしました。

 

さて、その週末。

僕がピザ窯作りに奮闘していると、

 

デッデッデッデ・・・、

轟音を鳴り響かせながら、

長男が畑に登場です。

 

師匠と慕う近所のおじいさんから、

耕運機を借りたようです。

どんどん土が掘り返されます。

 

いよいよ種蒔きです。

見る資料によって、方法はまちまち。

畝を作って10cm間隔に数粒植えよ、とか

畝はいらない、スジ蒔きせよ、とか。

 

どちらも試すことにしました。

実験です。

 

さて、これで種蒔きも完了。

 


翌朝。

神々しいまでの朝日を十分に浴び、

土から湯気が立ち昇ります。

 

まるで、地中深くから

種にエネルギーを注入しているかのよう。

何だか、うまくいく予感がします。

 

長男は、

何日で芽が出たとか、いくつ芽が出た

などをノートに書き留めている様子。

表紙には「小麦成長記録」と、

なんだか仰々しいタイトル。

 

というわけで、

小麦計画がスタートしたのです。